iPhoneでGoogleカレンダー(CALDAV)同期・連携

以前から、自宅でのスケジュール管理と外出中(主に仕事用PCで見るプライベートスケジュール)の管理にはGoogleカレンダーを使用していました。
具体的には、家でスケジュールを書くときは、Mac のiCalでGoogleカレンダーに入力。
仕事中にスケジュールを書くときは、WindowsでGoogleカレンダーに入力。
という感じです。
今回iPhoneを買ってしばらく試していると、iTunesで同期した時にしかGoogleカレンダーの情報がiPhoneに反映されないことが分かり ました。
iPhoneでもスムーズに、反映がリアルタイムで見ることができればな、と思って色々いじってみることに。

mobile meも入っているのですが、ウェブでカレンダーを入力するときの便利さ・入力しやすさはmobile meよりもGoogleの方が自分に合っているので、基本的にはGoogleカレンダーを使うことに。
結論として、iPhone OS 3.0がCalDAV対応したこともあるので、以下の方法を試してみました。

以下、自分用の設定メモです。
1.メインのGoogleカレンダーの設定方法。

  (iPhoneでの設定)
   1.1.  「設定」を押す → 「メール/連絡先/カレンダー」を押す
   1.2.  「アカウントを追加」を押す
   1.3.  「その他」を押す
   1.4.  「CalDAVアカウントを追加」を押す
   1.5.  「サーバ」「ユーザ名」「パスワード」「説明」に必要な情報を入力
      具体的には・・・
       サーバ:www.google.com
       ユーザ名:グーグルカレンダーにログインするのに使うユーザ名
             (@以降は自動で入れてくれます)
       パスワード:ユーザ名と同様に、ログインするのに使うユーザ名
       説明:iPhone上でこのアカウントを管理しやすい様にしておきましょう。
           私の例だと、Google - Biz  とか。
   以上。   

私の場合、普段使うメインのGoogleカレンダーとは別に、仕事の簡単なスケジュールを入れてあるカレンダーがあります。 xxxxxx@group.calendar.google.com のやつです。
それもiPhoneで同じ様に見れる様にしたい、と思って色々試した結果の方法が以下の通り。

2.2つ目以降のGoogleカレンダーの設定方法。

  (iPhoneでの設定)
   2.1.  1.1~1.5までは全く同じことをします。
   2.2.  「詳細設定」を押す。
   2.3.  「アカウントURL」に指定したいカレンダーのURLを入力します。
    https://www.google.com/calendar/dav/長いランダムな英数字 @group.calendar.google.com/user   
   以上。

基本的にiPhoneの設定だけでOK。
2つ目以降のカレンダーの設定で長いランダムな英数字を見る時にMacを見るぐらいです。(メールでiPhoneに送っても良いかも)

分かれば結構簡単にできます。
個人的にはMicrosoft Exchangeを使ったGoogleカレンダーの同期が嫌だったのでこの方法にしてみました。

←レッツクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック