簡易家計簿+レコーディングダイエット

仕事柄自社オフィスに居ないことも多く、基本的には社食にいったり食後にはタリーズやスタバという食生活をずっと続けてきたのですが、5~7月は基本的にオフィスで仕事ということでちょっと食生活(主にランチ)を見直してみることにしました。
何をしているかというと、エクセルを使って簡易家計簿をつけてます。

ランチの食費、間食、コーヒーなどの家の外に居る間の食費だけを管理するためのものなので「簡易」というわけです。
今まではランチが1000円前後、スタバ等が1日1,2回、時々ペットボトルのお茶も飲むという食生活で、だいたい2000円ぐらい毎日平日に使っていたことになります。
これ結構積み重ねると地味にでかいですよね…。
そこで家計簿で管理してみようと思い立ったわけです。幸いこの3か月は自社オフィスで仕事なので、社食も使えて食費を抑えられるので。
家計簿つけてからはいろいろと自制心も働き、スタバに行く回数も激減し、ペットボトルも買わなくなっちゃいました。
もともと自宅でコーヒーを淹れてポットに入れて持ち歩いてはいたのですが。
会社にいる間の支出平均が1000円以下(週平均だと800円ぐらい)という毎日です。

5月のゴールデンウィーク明けからこの家計簿をつけていますが、単純に計算しても、
2000円×20日=4万円 だった食費が、800円×20日=16,000円 という風に様変わり。
年間で見ると、2万4千円×12か月=288,000円の節約です。単純計算ですが。

まだ2か月しか続けてませんが、自分の意識を変えるには(超基本的ですが)かなりいい道具だなと思います。

家計簿をつけるという時にポイントになるのは、入力するときに過去のデータも同時に見れるかだと思います。要は、入力するときに過去のデータを振り返り、検証できるかということ。
iPhoneで家計簿つけようかとも思ったのですが、パッと見た感じでは「入力画面に都度金額を入れる」というだけで、過去のものは見れないものばかりだったのでやめました。
ただ新しい食費を追加していくだけだと、「振り返り」という行為が行われないので家計簿をつける意味がないのです。ただ記録を残すだけになってしまいます。
今週使いすぎだな、というようなトラッキングができないと家計簿には意味がないですね。
そして、過去のデータを目にすることによって、反省もできるし、次の行動に対する目標が見えてくるわけです。
これは結構大きなポイントだと思ってます。

家計簿をつける副次的な効果として、例えば自販機でペットボトルを買おうとしてる時に…
「あー、この140円を家計簿につけないといけないのか。面倒だな。買うのやめよう。」
 とか
「140円かぁ。今日は外に食べに出て890円だったから1000円超えちゃうなぁ。我慢しとくか。」
という風に自制心が働くというのがあります。
今までだと考えなしに買ってたのでこういうのは重要だな、と。
お昼に野菜が少なかったら野菜ジュースを買ったりとか、必要だと思うものは買いますけれど、無くてもいいと思うものは買わなくて済むようになりました。


また、家計簿をつけるついでに、何を食べたのかを簡単に備考欄に記すことにしました。
これを使ってレコーディングダイエットも兼ねてしまおう、というわけです。
ポイントとしては、毎回確実にデータを残せるように入力するデータは少なくしています。
例えば、社食:ハンバーグ とか、そんな具合で主な食事内容だけを記載してます。
個人的にはカロリーは記録しても意味がないと思います。なぜなら毎回カロリーがわかるわけではないので…。
レコーディングダイエットも色々とiPhoneアプリがありますしいくつか試してみましたが個人的にはイマイチ。
何がよくないんだろうと思い返すと、先ほど家計簿について書いたものと同様に「過去のものが見れないので反省がない」からだと思います。
エクセルで書いてれば、パッと見て過去に何を食べたかわかりますし、把握しやすいです。

一時期、iPhoneやケータイのカメラを使って食事を写真に撮るということもしてましたが、これも意味がないですね。
撮って記録して満足してしまうし、過去のものを振り返ることなんてないですから。
同じような意味で、食べたものをブログにアップするような作業もレコーディングダイエットにはなりはしません…。


繰り返しになりますが、家計簿にせよレコーディングダイエットにせよ、大事なのは
・記録するときに過去のデータも見れること
・入力するデータは多すぎないこと

の2点に尽きると思うのです。
これができるようなiPhoneアプリは出ないでしょうねぇ…。画面小さいし。
iPad用のアプリであればかなり効果的だと思います。画面も大きいし、起動が速くて入力しやすいし。ある意味最強かと。(現時点でiPad持ってないのでこういうiPadアプリがあるかどうかは探してないんですけれどね。)

この記事へのコメント

  • 低カロリーダイエット

    いつも参考にしております。
    また遊びにきます。
    ありがとうございます。
    2010年06月30日 23:28

この記事へのトラックバック