CAVED'OCCI (カーブドッチ)がカンブリア宮殿で紹介されてた

昨日(12/1)のカンブリア宮殿、CAVED'OCCI カーブドッチという新潟のワイナリーが紹介されていました。
国産の本物のワインにこだわっているオーナーの人柄(キャラクター)が興味深くて、夫婦共に飲んでみたいなと思ってしまった。
放送時はホームページがダウンしてしまっていたんですが、今は普通に見れます。
”ワインは作ったその土地で飲むものだ”という意見には強く賛成。
でも同じ日本の中とは言えなかなか新潟まで行けないよね、ってことでAmazon.co.jpでも販売しているようです。

一口1万円の苗木オーナー制度というのもあるようで、毎年1本 10年間ワインを送ってくれます。(これにもかなり興味あり)
このカーブドッチの落さんの考えに共感して、周りにはいくつかワイナリーができ始めているそうです。
日本のナパバレーになってくれるといいですね。
画像



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック